クラウドストライクサービス ウェビナー

Active Directoryの侵害につながる問題点/クラウドストライクのMDR

2022年7月22日 (金) | 16:00-17:15 JST

CrowdStrike Servicesは、インシデント対応、テクニカルアセスメント、トレーニング、アドバイザリーサービスの提供を通じて、お客様の脅威に対する防御の準備、攻撃への対応、管理の強化をサポートしています。

今回のウェビナーでは、豊富なサービスの中から、2つのトピックスをお届けします。

皆様のご参加をお待ちしております。

ご興味いただきありがとうございます。

このイベントは登録受付を終了いたしました。

Market Presence

セッションご紹介:

[セッション1] Active Directoryの侵害 〜 攻撃者の視点から

Windows端末を利用する多くの組織・企業において、Active Directory(AD)の侵害はランサムウェアや大規模な情報漏洩などの重大インシデントに直結します。このセッションでは、国内およびグローバルにレッドチーム演習を提供する日本人コンサルタントが、多数の組織・企業に対して実施したサイバー攻撃シミュレーションの豊富な経験に基づき、ADの侵害につながる問題点やその対処法についてご紹介いたします。

登壇者:

プリンシパル・レッドチームコンサルタント
OSEE, OSCE, OSCP, GREM, GCIH, CISSP, CISA
白石 三晃

[セッション2]  攻撃を最終ラインで防衛するCrowdStrikeのMDRサービス

EDRは標的型攻撃に有効な要素ですが、攻撃が高度に複雑化している昨今、不審な動きをもれなく素早く調査し、判断し、原因を究明し、的確に対処を行うという高度な運用が難しくなってきています。合わせて昨今の攻撃では窃取された認証情報を利用した攻撃も多く、アイデンティティの悪しき振る舞いにも対応しなければなりません。エンドポイントの防御は、EDR製品力だけではなくアイディンティティ管理も含めた運用プロセスの確立と人的リソースの確保、技術力向上も重要であり、組織の課題となっています。この課題を解決できるCrowdStrikeのMDRサービスをご紹介いたします。

登壇者:

マネージド・サービス・エグゼクティブ
藤岡 正浩