This website uses cookies to enhance your browsing experience. Please note that by continuing to use this site you consent to the terms of our Privacy Notice.

ACCEPT

CrowdStrike 脅威インテリジェンス活用セミナー

CROWDSTRIKE 脅威インテリジェンス活用セミナー
〜セキュリティの『自動化』の実現方法

関心をお寄せいただきありがとうございます。

このイベントは定員に達しました。登録受付は終了しております。

現在のサイバー攻撃者グループはより高いスキルを持ち、より一層強い決意を持って活動しています。国家主導の攻撃者、そして金銭目的のサイバー犯罪者は、多くのセキュリティプログラムの主要な脆弱性を狙い攻撃を続けています。 サイバー脅威インテリジェンスを活用する、という言い方を聞きますが、それだけ単体を渡されてもどうすれば良いのか、活用とはどういったことなのか、疑問、不満がある方は多いのではないでしょうか。 このセミナーでは『自動化』をキーワードに、真にインテリジェンスが統合されたソリューションも合わせてご紹介します。

そして核となるCrowdStrikeの脅威インテリジェンスについては、米国本社 インテリジェンス担当 バイスプレジデント Adam Meyers よりご紹介いたします。 皆様のご参加をおまちしております。

開催日時
2019年9月11日(水) 14:30-17:20 (14:00 受付開始)

対  象

  • 脅威インテリジェンスについて理解を深めたいユーザ企業のご担当者
  • CrowdStrikeのEDR、次世代アンチウイルスがどう脅威インテリジェンスと連携しているか理解を深めたいユーザ企業のご担当者
  • ユーザ企業のITセキュリティに関わるご担当者

会  場
ベルサール六本木グランドコンファレンスセンター

住  所
東京都港区六本木3-2-1
https://www.bellesalle.co.jp/shisetsu/roppongi/bs_roppongi_cc/access/

定  員
100名

主  催
CrowdStrike Japan株式会社

プログラム 講演者 Time
開場・受付開始 14:00-14:30
ご挨拶 CrowdStrike Inc. ジャパンカントリーマネージャー 河合 哲也 14:30-14:35
日本を取り巻くサイバー脅威の現状
日本はサイバー脅威の面において、地政学的に特異な環境にあると言えます。CrowdStrikeの脅威インテリジェンスからその現場をみなさまにお伝えしたいと思います。また弊社のインテリジェンスはどの様な内容を網羅しているのかについてもご紹介します。
CrowdStrike Inc. インテリジェンス、バイスプレジデント Adam Meyers(アダム・マイヤーズ) 14:35-15:35
セキュリティの自動化、脅威インテリジェンスの活用 Falcon X
脅威インテリジェンスをエンドポイント保護とシームレスに統合し、インシデント調査を自動化し侵害へのレスポンスを加速させる初めてのプラットフォーム、Falcon Xをご紹介します。
CrowdStrike Inc. シニア脅威インテリジェンス・アドバイザー Scott.Jarkoff(スコット・ジャーカフ) 15:35-16:15
休憩 16:15-16:30
EDRも次世代アンチウイルスも脅威インテリジェンスと統合
CrowdStrikeが提供しているEDR、そして次世代アンチウイルスはもともと脅威インテリジェンスを活用しています。また更にFalcon Xと連携して利用も可能です。他にはない独自のソリューションを紹介いたします。
CrowdStrike Inc. セールスエンジニア Lancine Sako(ランシネ・サコ) 鈴木滋 16:30-17:15
Closing CrowdStrike Inc. ジャパンカントリーマネージャー 河合 哲也 17:15-17:20


※講演内容・プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。予めご了承ください。

※競合企業ならびにその関係者の方は事前にお断りさせていただくことがございます。予めご了承ください。


Adam Meyers (アダム・マイヤーズ), Vice President, Intelligence, CrowdStrike

アダム・マイヤーズは、CrowdStrikeのインテリジェンス担当バイスプレジデントとして、同社のThreat Intelligenceの事業部門を率いています。 彼のチームは世界中のサイバーにおける犯罪者、国家主導や国家主義の攻撃者グループを追跡し、顧客を保護するための実用的なインテリジェンスを作成します。 彼は、AI、機械学習、リバースエンジニアリング、自然言語処理、およびその他のテクノロジの開発と展開を監督し、疑わしい悪意のあるサイバーの行動を検出し、ますます巧妙になる攻撃者グループを阻止しています。 ヒューマンインテリジェンスとテクノロジから派生したインテリジェンスを組み合わせたマイヤーズの取り組みは、サイバーセキュリティを変革し続けています。